熱中症について

 

みなさんこんにちは!梅雨のマーク(カエル)梅雨のマーク(開いた傘)

暑い日が続いておりますが,元気にお過ごしでしょうか?

今年も暑い真夏がやってきそうです!

気球温暖化により熱中症が増加してきており

熱中症の発症数が急増するのは7月です!

そこで、今日は、ニュースでもよく耳にする熱中症について

みていきたいと思います。

 

熱中症は

夏の日射しの下で激しい運動や作業をするときだけではなく、

身体が暑さに慣れていない梅雨明けの時期にも起こります。

また、屋外だけではなく高温多湿の室内でも起こります。

 

まず、熱中症の症状は…?夏バテの犬のイラスト

①めまいや顔のほてり

②筋肉痛や筋肉のけいれん

③体のだるさや吐き気

④汗のかきかたがおかしい

⑤体温が高い、皮膚の異常

⑥呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

⑦水分補給ができない

があります。

 

対策として…梅雨のマーク(カタツムリ)梅雨のマーク(葉)

・暑さを避けること!

・水分をこまめにとること!

・服装を選ぶこと!

・塩分をほどよくとること!

・睡眠をしっかりとること!

・丈夫な体をつくること!

です。

 

ここで、熱中症予防に適している飲み物について

みていきたいと思います。

熱中症予防に「水分をとること!」とありますが

水分補給は,単に水分を摂ればいいと思っている人が

いるかもしれませんが、

実は水分だけを補給するのはよくないです。

熱中症では、水分とともにNaなどの電解質も失われます。

なので、熱中症の予防として水分の補給に加えてNaなどの

電解質を補給することが大切です。

水分だけを補給した場合、体の中のNa濃度が薄くなり、

補給された水分が尿によって体外に排泄されやすくなるのです。

また、けいれんを起こしやすくなります

そのため、塩分と水分が適切に配合された経口補水液OS1を飲むとよいでしょう。

 

また、市販のスポーツドリンク、梅昆布茶、味噌汁も

熱中症に有効な飲み物ともいわれています。

 

 

OS1とポカリスエットの違いは?凍らせたペットボトル飲料のイラスト

・OS1

  軽度から中等度の脱水状態の方の水や電解質を補給・維持するのに適した経口補水液です。消費者庁による「特別用途食品個別評価型病者用食品」の表示許可を受けています.感染性胃腸炎、感冒による下痢・嘔吐・発熱を伴う脱水症状などに適しています。

・ポカリスエット

  清涼飲料水として日常生活の中で発汗などにより失われる水分と電解質を速やかに補給する飲料水として開発されました。なので、NaやK、Mgなどの電解質は、汗の成分に近い組成となっています。運動後やお風呂上がり、乾燥した室内で水分と電解質が失われたときなどに適しています。

 このことより、

健常時にはポカリスエット、脱水状態時や脱水所帯が懸念されるときにはOS1がいいのではないかと思います。

 

熱中症には、特に、梅雨のマーク(てるてる坊主)

小さな子供や高齢者、病気の方には起こりやすいので

しっかりと対策をしていきましょう!!

 

OS1は、やまかわ薬局では170円で売っています。

ぜひお立ち寄りください。

 

 

↓やまかわ薬局 HPはこちらから!

http://yamakawa-pharm.j

カテゴリー: 日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です