レストレスレッグス症候群について

 

みなさんこんにちは!テディベアのイラストバレンタインのイラスト「ハート」
だんだんすごしやすい季節がやってきましたね。

花粉症の方にもしんどい季節がやってきました。

風邪対策とともに花粉症対策もしっかりしていきましょう。

 

バレンタインのイラスト「ハート」今日は、レストレスレッグス症候群についてみていこうと思います。バレンタインのイラスト「ハート」

夕方にリラックスしているときに、こんな症状はありあせんか?

脚がむずむずする、脚を動かしたくて我慢できなくなる、ほてる、かきむしりたくなる・・・など脚の深部に何とも言えない不快な感じがありませんか?その症状が夕方から夜にかけてあらわれたり、強くなったりする方。

このような、脚を中心にからだの内側から不快な感覚がおこり、とにかく脚を動かしたくなる症状があらわれたら、「レストレスレッグス症候群(下肢静止不能症候群)」の可能性があります。

バレンタインのイラスト「ハート」レストレスレッグ症候群には、4つの特徴的な自覚症状があります。バレンタインのイラスト「ハート」

1、脚に不快な感覚がおこり、脚を動かしたくてたまらなくなる。

2、安静にして、横になったり座ったりしているとあらわれる・強くなる

3、脚を動かすと、不快な感覚が軽減する。

4、夕方から夜にかけて強くなる。

このような症状でお悩みのかたは、「レストレスレッグス症候群」の可能性が高いと

考えられます。

レストレスレッグス症候群と似た症状があらわれ、間違いやすい病気がありますので、

「レストレスレッグス症候群かもしれない」と思ったら、きちんと医師の診断を受けましょう。

バレンタインのイラスト「ハート」〇似た症状があらわれる病気バレンタインのイラスト「ハート」

・不眠症・・・夜寝つけない

うつ病・・・気持ちの落ち込み

座屈神経痛・・・脚の痛み、不快感

・皮膚疾患・・・皮膚の不快な感覚

レストレスレッグス症候群は、40歳以上の中高年に多く、女性の割合が高いとされています。日本人では、人口の2~5%の潜在患者が存在するといわれています。

 

バレンタインのイラスト「ハート」どうして「レストレスレッグス」症候群になるのでしょうか?バレンタインのイラスト「ハート」

→理由はまだはっきりとはわかっていませんが、

ドパミンの機能の低下 

・鉄分不足   

おもに、神経伝達物質のドパミンの機能低下と、鉄分不足による代謝異常の2つの      

原因で、脳から脊髄、末梢神経にいたるまでの経路に何らかの不具合が起きてしま

います。

・遺伝的要因

45歳以下の若年層に多いケースで、親がむずむず脚症候群だと、子供も若いうち

に発症する確率が高くになります。若いうちはゆっくりと進行しますが、45歳以

上の場合は症状が一気に強く出る傾向があります。

 

バレンタインのイラスト「ハート」対処法とは・・・バレンタインのイラスト「ハート」

その症状から皮膚科を受診する人もいますが、皮膚科では正確な診断や治療が難しい

ため、睡眠科あるいは睡眠外来を受診しましょう。近くにない場合は、神経内科か神経

科で診てもらいましょう。

カフェインやアルコール、ニコチンで症状が悪化する場合もあるので、これらは就寝前

に控えた方がよいでしょう。    

 

花見のシーズンがやってきました。春をしっかり楽しみましょうテディベアのイラストバレンタインのイラスト「ハート」

 

↓やまかわ薬局 HPはこちらから!

http://yamakawa-pharm.j

  

   

 

カテゴリー: 日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です